講座を始めるに際して

公認会計士試験合格のために講座を活用する場合、まずは無理なく確実に最後まで続けられる学習環境の整備と、強い意志が不可欠です。通学と通信講座の双方に共通するポイントとして、最後まで通して受講することで、試験対策として必要な知識を網羅するカリキュラムとなっています。

意識例えば途中で挫折してしまった場合や、後半をスルーしたまま試験当日を迎えてしまった場合、それだけ大きな弱点を抱えたままの受験となってしまいます。国家試験である以上、全ての分野での広く深い知識の有無を問われますので、得意分野だけで「ヤマを張る」的な姿勢での合格は望めないでしょう。また、単なる記憶の詰め込みだけに走らず、将来公認会計士として自身の専門知識に基づき、臨機応変に業務に対応が可能な応用力の修得も意識しておきましょう。

試験合格イコール求められる以上の高得点のイメージを抱きがちですが、それだけでは公認会計士として歩み出すには不十分です。日々の学習に際しては、単に正誤を確認するだけにとどめず、もう1歩突っ込んだ理解に努める姿勢で臨んでください。資格講座をより深く最大限活用することで、公認会計士の国家資格取得から第一線で活躍中の諸先輩方に続く扉を開いていければベストです。


ベストな学習法を探る

深く幅広い専門知識が求められる公認会計士国家試験に臨むのであれば、何より効率良い学習方法の見極めと、それを地道に実践し続ける継続力が求められます。受験日当日から逆算した中長期的な学習スケジュールを構築し、ベストな教材と学習方法を見極める作業が、本腰を入れて勉強を始める前の段階で求められます。

独学独学向けの問題集や参考書なども各種市販されていますが、やはり信頼できる指導者的な存在があれば、より確実に合格に向けて導いてもらえる環境が整います。専門学校などで開講される講義に通学できれば、直接講師の授業プラス、疑問点をその場で確認可能な環境が揃い、同じ目標を持つ他の受講生の存在も良い意味で刺激となります。しかし、仕事を持つ多くの方々はこうした時間の確保が難しく、通信講座の活用が選択肢としておすすめです。

ちなみに、自身にベストな通信講座を選ぶポイントとしては、利用者の合格率である実績や、常に最新の教材へ改定が重ねられているか、十分な添削指導が受けられるかなどの確認が大切です。単に一方通行で定期的に教材が届けられるだけ、長年指導内容が改訂されていないなどの場合、誤った知識を習得してしまうリスクが避けられませんので注意が必要です。最後に講座を始めるに際して説明します。


公認会計士講座活用の利点

時代を問わず安定した人気の国家資格として、公認会計士資格が挙げられます。資本主義経済社会に必要不可欠な職業であり、常に安定したニーズが絶えることのない専門職として、毎回多くの受験生が狭き門の突破に挑まれています。そうした方々の中には、実社会でさまざまな経験値をアップさせる中、この資格の重要性に気づき、専門職として転職からの独立を視野に入れられている方も少なくないでしょう。今後どれだけ世の中が急速に変化や進化をとげても、公認会計士という有資格者の存在は、常に必要不可欠な存在であり続けるでしょう。

公認会計士講座このように多くの方々の目標となる専門職ですが、この肩書きに必要な国家資格の合格に際しては、より深くより幅広い専門知識と関連知識の双方が求められます。経済社会を支える重要な職責を担う専門家である以上、合格のハードルは高く設定されていて当然です。だからこそ、日常の仕事をキチンとこなしつつ、限られた自由時間をいかに上手に活用して、効率良く試験勉強を継続すべきなのか、中長期的なタイムスケジュールと勉強方法を見据える準備作業が鍵となります。

ここでは、多くの合格者がこれまで活用し、そのメリットを実感されている公認会計士講座に視線を合わせ、なぜベストな学習法だと認識されているのかを検証します。同時に、数多くの中から自身にマッチする講座を選択する上での注意点など、少しでも早い段階で押さえていただきたい基礎知識もご一緒に紹介します。