ベストな学習法を探る

深く幅広い専門知識が求められる公認会計士国家試験に臨むのであれば、何より効率良い学習方法の見極めと、それを地道に実践し続ける継続力が求められます。受験日当日から逆算した中長期的な学習スケジュールを構築し、ベストな教材と学習方法を見極める作業が、本腰を入れて勉強を始める前の段階で求められます。

独学独学向けの問題集や参考書なども各種市販されていますが、やはり信頼できる指導者的な存在があれば、より確実に合格に向けて導いてもらえる環境が整います。専門学校などで開講される講義に通学できれば、直接講師の授業プラス、疑問点をその場で確認可能な環境が揃い、同じ目標を持つ他の受講生の存在も良い意味で刺激となります。しかし、仕事を持つ多くの方々はこうした時間の確保が難しく、通信講座の活用が選択肢としておすすめです。

ちなみに、自身にベストな通信講座を選ぶポイントとしては、利用者の合格率である実績や、常に最新の教材へ改定が重ねられているか、十分な添削指導が受けられるかなどの確認が大切です。単に一方通行で定期的に教材が届けられるだけ、長年指導内容が改訂されていないなどの場合、誤った知識を習得してしまうリスクが避けられませんので注意が必要です。最後に講座を始めるに際して説明します。